睡眠中の成長ホルモンと血糖値には重要な関係があった!

睡眠の成長ホルモンと血糖値には重要な関係があった!

 

成長ホルモンを分泌させるためには、

 

質のいい睡眠を摂る必要があります。

 

 

睡眠のダイエットは、成長ホルモンを分泌させることによって

 

寝ている間にも脂肪を燃焼させる効果があります

 

 

 

ダイエットと言えば血糖値の上昇を抑えて糖質の脂肪かを防ぐ

 

糖質ダイエットというものがあります。

 

 

 

実は成長ホルモンの分泌も、糖質ダイエットと同じように

 

血糖値が大きく関係しているのです。

 

 

 

成長ホルモンは血糖値が高いと分泌されません

 

これは逆に、成長ホルモンは血糖値が低いと分泌され、

 

肝臓のグリコーゲンが分解せれて血糖値を上げる働きをしているんです。

 

 

 

睡眠中は食事を摂らないので放っておくと、血糖値は徐々に

 

下がっていってしまうので、生命維持機能が働き寝ている間でも

 

血糖値を一定に保っているんです。

 

 

 

もし就寝の直前に夕食と食べて寝ると、血糖値が高いまま睡眠に入り

 

睡眠中の血糖値は下がりにくいです。

 

 

成長ホルモンが分泌されるのは、寝入りばなの3時間なので

 

血糖値が下がっていない状態で成長ホルモンの分泌チャンスを

 

迎えても成長ホルモンはでてきません。

 

 

ですので、夕食は就寝の2時間前までにすませて、胃の中を

 

空っぽにしてベッドに入るのが良いとされています。

 

 

絶対に就寝の2時間前までに食べなければいけないのではなく、

 

肝心なのは胃腸のコンディションです。

 

 

いくら2時間前に夕食を食べ終えても、食べ過ぎたり

 

油っぽいものばっかり食べて内臓に負担をかけ消化に時間が

 

かかれば、いうまでもなく質のいい睡眠はとれませんよね。

 

 

 

どうしても夜遅くに帰宅してから食事を摂るという人は、

 

消化の良いものを中心にして糖質をなるべく控えることが肝心です。

 

 

これはつまり、脂質と糖質を抑えることによって、そのこと自体が

 

ダイエットに繋がる食習慣とも言えます。

 

 

 

 

日本人は朝食と昼食より、夕食の方がカロリー摂取や支出が

 

比較的多いですが、夕食に摂取した脂質や糖質は、エネルギーに

 

されるずに体に蓄えられることが多く肥満の原因にもなりす。

 

 

糖質ダイエットや一食抜くダイエットのほとんどが推奨しているのが、

 

夕食を減らす(抜く)方法なのはこのためです。

 

 

夕食を豪華にする食生活に慣れてしまっている人は、夕食を質素にするのは

 

辛いかもしれませんが、その代わりに朝食では糖質をしっかり摂って、

 

昼食では脂質をしっかりっても構いません。

 

 

それぞれ、朝は糖質の吸収が抑えられ、昼食に摂った脂質も

 

日中にエネルギーとして消費することができるので、

 

一日の食べる量が同じでも体に溜まりにくい時間に

 

食べることによって、肥満を防ぐことができます。

 

 

 

 

若干睡眠と話がそれましたが、血糖値を上手くコントロールする

 

食事のとり方をすることで質のいい睡眠を摂ることができます。

 

 

もちろん質のいい睡眠から得られる成長ホルモンは、

 

ダイエットだけでなく、細胞のターンオーバーを促し、

 

肌を新しく作り替え美容にもなります。