急激な食事制限は美容の天敵!リバウンドリスクもある!

急激なダイエットは美容の天敵!リバウンドリスクも!

 

睡眠ダイエットは質のいい眠りで寝ているだけで

 

楽に痩せて美容にも欠かせない方法です。

 

 

でも短期間で早く痩せたい人の多くが実践するのが

 

食事制限によるダイエットですよね?

 

 

 

ここで、急激な食事制限をしたときの危険性と

 

食事制限するときのオススメの方法を紹介します。

 

 

 

 

必用な栄養も減らすと美容への悪影響になる!

 

 

たんぱく質不足

 

食事制限のダイエットをすると、

 

一番不足しがちになるのがたんぱく質です。

 

 

たんぱく質は筋肉を作るだけでなく、

 

体のいろんな組織を作っています。

 

 

ですので、たんぱく質を十分に摂っていないともちろんお肌だって

 

正常のサイクルが乱れて、美容トラブルになってしまいます。

 

 

 

 

たんぱく質は肉や魚大豆製品や卵から主に摂取できます。

 

 

カロリーや脂質を気にして肉や魚を全く食べないでいると

 

たんぱく質不足になり、肌を作る材料不足になってしまいます!

 

 

 

 

ビタミン不足

 

ビタミン類も美容にとって欠かせない栄養です。

 

 

ビタミンにはいろんな種類があり働きも様々ですが、

 

肌には特にビタミンCが重要です。

 

 

ビタミンCはたんぱく質が肌の組織を生成するのを

 

サポートする働きがあります。

 

 

食事の量が減ることで品数も減り、ビタミンを多く含む

 

野菜類を食べる機会が減ると、健康な肌を作る働きが

 

弱くなってしまいます。

 

 

 

 

急激なダイエットの睡眠への影響

 

 

お腹が減って眠れない

 

急激な食事制限は体が慣れていないので、イライラしたり

 

夜にお腹が減って自然な眠りにつくことができなくなり

 

結果深い眠りを阻害します。

 

 

ダイエットによって睡眠を妨害するのは大変リスキーです。

 

 

睡眠も食事と同じく人間の基本活動の中で超重要な生理現象です!

 

 

 

睡眠の質が落ちると、ダイエットと美容に影響でるだけでなく

 

健康や仕事・勉強の効率、精神衛生など被害が甚大です!

 

 

 

食事制限のストレスを軽減するために、メニューや量の見直しや

 

たまにはダイエットを休むなどの工夫をしましょう。

 

 

 

 

 

急激な食事制限はリバウンドのリスクが高い!?

 

 

停滞期の存在をご存知だろうか?

 

急激に食事制限をすると、短期的にはどんどん減量できると思います。

 

運動を組み合わせたり、代謝を促進するような成分を摂ることで

 

継続して体重が減り続けて成功する人もいるかと思います。

 

 

 

しかし、食事制限だけを頑張って継続していても、

 

あるとき減量のペースが悪くなり、がっかりする時がくるかもしれません。

 

停滞期の到来です!

 

 

急激に食事制限をすることで体の防衛機能が働いて、

 

エネルギーを吸収しやすく、消費しずらい体質に変わっているからです。

 

 

ですので食べる量を減らし続けているのに、体重が減らなくなり

 

心が折れてダイエットをやめるケースがあります。

 

 

しかし、ここでダイエットをやめても

 

エネルギーを吸収しやすく、消費しずらい体質のままなので、

 

食事量をダイエット前に戻したら、結果的にダイエット前よりも

 

体重が増えてリバウンドを味わことになります。

 

 

エネルギーの吸収と消費が平時に戻るには、約一カ月かかると言われています。

 

 

ですので急激なダイエットには、停滞期で心が折れやすく、体の機能の変化で

 

リバウンドしやすいリスクがあるのです。

 

 

 

オススメの食事方法

 

摂るべき必須の栄養

 

美容や睡眠の効果を損なわないように、たんぱく質は必須です。

 

さらに、たんぱく質から肌を生成するために、ビタミンCを摂ることです。

 

 

また、ビタミンと同様にエネルギーの変換を助けるミネラル

 

摂ることで、燃焼がスムーズに行われます。

 

 

 

ダイエットに効果的な食事の時間帯がある

 

起床後30分以内に口にした糖質は、吸収されにくいと言われています。

 

朝は割と炭水化物を食べていいチャンスなので、朝食は食べるようにして

 

ストレスを溜めないとともに必用な栄養を補いましょう。

 

 

昼食は控えめにしたことにこしたことはありませんが、昼に吸収した脂質は

 

午後の活動でエネルギーとして消費されやすいので、適度なら

 

脂質のある食品は昼に食べるといいでしょう。

 

 

ずっといろんなものを我慢し続けていると、あるときストレスが爆発して

 

暴食に走ることもありますので、ちっちゃくストレスを抜いて

 

ダイエットするのが大事です。

 

 

ちなみに夜は一番太りやすいので、糖質や脂質は抑えて

 

消化の良いものを食べてぐっすり眠りましょう。

 

 

 

 

カロリー制限ダイエットは置き換えダイエットがオススメ

 

ここまで書いといてなんですが、食事制限をしながら

 

必用な栄養をバランスよく摂るのは、かなり難しいです!

 

 

栄養素とカロリーを気にして適度な量を見つけようとすると、

 

何を食べればいいか分からなくなってしまいます!

 

 

 

結論からいうと、足りない栄養は単純にサプリとかで補えばいいと思います。

 

ただし、人間の必用な栄養は様々ありますので、サプリだけで栄養を摂ろうとすると

 

いろんな種類のサプリを飲み続けなければなりません。

 

ですから、基本は食事を摂って、サプリはあくまでも補うことです。

 

 

 

また、栄養を補給しつつ、満腹感を得る方法があります。

 

 

置き換えダイエットの食品です。

 

もちろん普通の食事に比べれば、お腹いっぱいというわけではありませんが、

 

低カロリーで食事の替わりになり、ダイエット効果は抜群です。

 

 

ダイエットシェイクの栄養はメーカーによって差がありますが、

 

中には一食分の栄養をほぼ網羅した贅沢なシェイクもあります。

 

 

 

朝昼晩の順番で実践すれば、空腹感も徐々に慣れていって

 

リバウンドのリスクも抑えることができると思います。

 

 

 

その他オススメの生活習慣

 

 

運動をする

 

面倒くさいのが嫌いな人は向いていませんが、出来るのであれば

 

やった方が効果は間違いありません。

 

また、肉体的に疲労することでぐっすり眠ることもできます。

 

 

有酸素運動は手軽にできるものも多く、徒歩の移動を多くするだけで全然違います。

 

カロリーを消費するだけでなく、血行促進で代謝がアップし美容にも効果ありですね。

 

さらに、適度な有酸素運動は疲労も回復します。

 

 

 

 

また、無酸素運動で有名な筋トレもいいでしょう。

 

がっつりジムなんていかなくても、家の中で隙間時間にできる筋トレもあります。

 

 

ヘビーなのが苦手な人でも、負荷の小さいことから初められて、

 

家の中で他人に見られず、場所を取らないのである意味手軽なんです!

 

筋トレで基礎代謝が上がれば太りにくい体質が手に入るかも!

 

 

 

 

 

おやつで血糖値をコントロールする!?

 

血糖値が急激に上がることでインスリンが分泌され、

 

肥満の原因になります。

 

 

おやつを食べたら血糖値が上がるので太るのでは!?

 

と思うかと思います。

 

 

しかし、おやつの15時くらいは一日のうちで血糖値が

 

上がりにくい時間帯で、むしろ我慢でできなくなって夜お菓子を

 

食べるくらいならおやつを食べた方がいいです。

 

 

 

 

また、おやつを食べることによって夕食時の

 

血糖値の上昇が緩やかになります。

 

 

同じものを食べても、血糖値の上昇が急激に上がるのと

 

緩やかに上がるのでは太り方が違います!

 

 

緩やかだったらインスリンが大量に分泌されないので

 

脂肪も溜まりません。

 

 

ただし、おやつに甘いお菓子やスナックを

 

いっぱい食べていいということではありません。

 

 

腹持ちと栄養補給を優先して、ナッツや小魚、さきいかとかを

 

おやつにするのがダイエッターのトレンドです。

 

 

楽しいスイーツの時間を期待するなら、週に一回程度だけ

 

ご褒美に甘いものを食べてもいいですが、普段は

 

「ダイエットのためのおやつ」だということを意識して

 

乾いたおやつをボリボリして下さい。