睡眠以外で成長ホルモンを増やす方法

睡眠以外で成長ホルモンを増やす方法はこれだ!

 

質のいい睡眠は一日の成長ホルモンの分泌量の

 

約70%をカバーしているとされています。

 

 

では睡眠以外で成長ホルモンを増やす方法や、

 

睡眠時の成長ホルモンをさらに増やす方法を

 

ご紹介していきましょう。

 

 

 

成長ホルモンの分泌のを促す成分

 

アルギニンは成長ホルモンを促す作用があります。

 

 

アルギニンはアーモンドに含まれていて、アーモンドと言えば高カロリーという

 

印象ですが、寝る前でも少し食べる分には問題ありません。

 

 

就寝一時間前に2〜3粒程度食べれば、夜の成長ホルモンの分泌を

 

促進してくれると言われています。

 

 

また、牛肉豆腐納豆にもアルギニンが含まれていて、

 

夕食の品に入れるのもいいと思います。

 

 

 

成長ホルモンの材量はたんぱく質だ!

 

たんぱく質を摂れば、成長ホルモンが直接増えるかというと増えませんが、

 

成長ホルモンをを作る上で、たんぱく質はなくてはならない材量なので

 

不足をすると、成長ホルモンに支障が出てしまします。

 

 

 

良質なたんぱく質は、肉や魚、大豆製品からバランスよく摂取して

 

ホルモンの生成を上手に行いましょう。

 

 

 

 

成長ホルモンが増える行動

 

 

空腹の時間を作り、かつ血糖値を急激に上げない

 

お腹が減っていると成長ホルモンは分泌されます。

 

 

空腹時は血糖値が下がっていますので、成長ホルモンが

 

分泌されて、体内のブドウ糖を使って血糖値を上昇させます。

 

 

ですので、逆に血糖値が高いと成長ホルモンは分泌されません。

 

それどころか、急激に血糖値が上がれば、インスリンが大量に分泌されて

 

肥満の原因になりかねますので、食事も腹八分目くらいで暴食は厳禁です。

 

 

 

 

運動をする

 

有酸素運動を習慣的に行うと、体内の一酸化窒素の量が

 

大幅に増えたという研究があります。

 

 

一酸化窒素は、血管を拡張させて血流を改善する働きと、

 

成長ホルモンの分泌を促す働きがあるとされています。

 

 

ジョギング・ウォーキング、水泳に代表される有酸素運動ですが、

 

日常の生活のちょっとした移動を足を使って移動するだけで

 

簡単に取り入れられるので手軽な方法です。

 

 

 

無酸素運動の代表格である筋トレも成長ホルモンを増やします。

 

筋トレは成長ホルモンの分泌に必要な乳酸を作ります。

 

 

さらに筋トレによって壊れた筋肉を修復しようとして成長ホルモンが

 

分泌されて筋肉を再生してくれるんです。

 

 

 

筋トレというとちょっとハードルが上がるかもしれませんが、

 

有酸素運動と違って屋内でできるとうのがメリットですね。

 

 

有酸素運動でも無酸素運動でも成長ホルモンは増えるので

 

自分がやりやすい方法で運動をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ストレスは成長ホルモンの敵

 

ストレスは成長ホルモン分泌を阻害するため、ストレスの溜めすぎや

 

極度のストレス状況にいる場合は成長ホルモンが正常に分泌されません。

 

 

また、極端なケースじゃなくても、寝る前に嫌なことがあったり、

 

不安なことを考えたりすれば、体は敏感に反応してストレスを

 

感じますので、寝る前はゆったりとリラックスして

 

楽しく安らいだ気分で過ごしましょう。

 

 

 

 

成長ホルモンが少ないとどうなる?

 

ここまで、睡眠以外で成長ホルモンを増やす方法を紹介してきましたが、

 

ダイエットや美容以外にも成長ホルモンが減るといろんな弊害があります。

 

 

 

成長ホルモンが減ると意欲が減少します。

 

つまり、やる気がなくなるわけですね。

 

 

 

さらに、ぐっすり眠れなかったりすると、成長ホルモンの疲労回復効果が

 

薄れて、朝起きてもはつらつとしない状況になってしまします。

 

 

 

また、筋肉を増やして脂肪を燃焼させるだけでなく、

 

骨を強くする働きもあるので健康寿命にも大きく関わってきます。

 

 

加齢と共に成長ホルモンは減少していきますが、若々しく

 

いくつになっても元気な人は、成長ホルモンを十分に出して

 

健康な体を保っているのではないかと考えられますね。